NEWS & TOPICS ニュース・お知らせ

2019.01.13
1月例会をアップしました。詳しくはこちらをクリックください
2019.01.08
井原市長を表敬訪問いたしました
2019.01.01
理事長所信をアップしました ホームページを更新しました

井原青年会議所フェイスブックはこちらより

理事長所信

我武者羅

志を持ち共に進もう、前へ。

所信

はじめに

少年期、ただ強くなりたくて一心不乱に柔道の練習に励んだ。今振り返れば自分自身に期待感と劣等感、そして絶えず新しい目標があったからこそ長年続けられた。

やがて私は社会に出てみたものの少年期のそれを感じながらも目標を見据えることができず唯々有り余る時間と力を浪費し続け、常に答えのない自問自答を繰り返す日々を送っていた。

物事には必ず始まりがある。その始まりは人それぞれに違うものであり価値観、出会う人によっても左右される。私の新たな始まりは青年会議所との出会いである。青年会議所は、私にかつてなく大きな目標を今日まで与え続けてくれている。それは新たな軌跡となり、心の拠り所となる。私は、その先には必ず成長があるものだと確信している。

現在、我々が住み暮らす地域は人口減少等、様々な問題を抱えている。そして青年会議所においても会員数の減少という問題に直面している。それらに対して我々は、本質を見抜き、目標を明確にするとともに正面から向き合い誠実に取り組むことが求められる。

 

会員拡大は最大の運動である

青年会議所という組織が周りから見て魅力的な組織であるのか。この議論を避けていては会員の拡大は成功しない。組織である以上、数値的発展は団体価値に直結し、そして資質向上をもたらすことは事実である。同志が集う組織であり続けるためには我々一人ひとりがさらに情熱を持ち、人間力を向上させ、リーダーと呼ばれる存在になる必要があり、魅力的な組織とは情熱を発信し、伝播できる組織である。全員で会員拡大運動を展開し情熱の輪を作り、全力でその輪を大きく、大きく広げよう。

 

JAYCEEとしての姿

青年会議所はセレモニーをはじめとした決まり事を大切にする文化がある。これはJAYCEEが、運動の基盤になる綱領や使命を確認するためのものであり我々も守り続けてきた。今一度原点を見つめ直し意識を共有しよう。そして、評価を恐れることなく、秩序を持って壮快に運動を展開する姿こそJAYCEEとしての姿である。

 

地域と繋がる

我々はJAYCEEとして、そして地域のリーダーとして地域のニーズを分析し事業を展開していかなければならない。特に未来を担う子供たちに対しては郷土を誇りに思う気持ちを醸成される必要がある。また、行政や他団体と積極的に情報交換を行うとともに連携して地域の魅力を最大限に活かしたまちづくりを促進していこう。きっとその中に我々にしかできないことがある。


我武者羅に前へ

我々は青年である特権を活かし、時代を切り拓く先駆者として目標に向かって我武者羅に進んでいく。その目標を達成できた時、振り返ると多くの仲間の助けや自身の成長に気づくことができる。この姿勢こそが組織に推進力を生み、さらに熱い情熱を持ち、大きな運動に繋がると信じている。また、この姿勢を持続させるためにもこの組織を支える秩序ある運営が重要になってくる。運動と運営の両輪で力強く前へ進もう。

 

結びに

1963年に誕生した一般社団法人井原青年会議所も56年目を迎えます。この歴史や伝統を重んじながら、新たなる一歩を踏み出そう。失敗してもいい。どうせなら派手に失敗しようではないか。そのすべてが成果であり、だからJCは面白い。

 

我々ならできる。

我武者羅に共に進もう。

前へ。


Pagetop